貧血 ヘモグロビン 値8

ヘモグロビンの値8と貧血について

スポンサーリンク

貧血は女性に多く見られる症状となっていますが、これを調べるためには血液検査が行われるようになっています。

 

そのなかで確認されているのはヘモグロビンの値となります。

 

男性よりも女性に圧倒的に多くなっていますが、成人女性の約20パーセント胃が貧血傾向にあるということがわかっています。

 

その基準となるのがヘモグロ分値11グラム以下となっています。

 

血液検査の中でこの基準値に関しては、1デシリットルあたりにどれくらいあるかを検査するようになっています。

 

基準値は11グラムから15グラムとなっています。

 

したがって11グラム以下になったときには貧血と診断されるようになっています。

 

したがって検査結果の数値によってどのような状態であるかを判断することができます。

 

スポンサーリンク

軽度の状態の時には普通の生活の中でふらつくこともあります。

 

ヘモグロビンの値が10や11が軽度の症状となっています。

 

また中度の状態ではヘモグロビン値8や9と言うことになります。

 

女性の場合生理中には値8や9に下がることもありますが、重度になる予備軍となっているので注意が必要になります。

 

女性は妊娠や出産を経験することがありますが、このときの出血が関係して値6や5や4になることがあります。

 

このレベルの数値まで下がってしまうと、サプリメントや食事療法で改善することが難しくなります。

 

実際に体にどのような症状が現れるのかというと、粘膜細胞が低下するので口内炎や口角炎を発症します。

 

食道が細くなるので飲み込みにくさを感じるようになります。

 

基本的に鉄分が不足している状態なので食生活の改善を心がけるようにします。

 

スポンサーリンク