貧血 ヘモグロビン 基準値

貧血になるとヘモグロビンの数値が基準値を下回る

スポンサーリンク

貧血は、血中の赤血球の血色素であるヘモグロビンの数値が基準値を下回ると起こります。

 

ヘモグロビンは酸素を運搬する働きがあるので、それが低下することで酸欠状態になります。

 

症状としては、息が切れる、動悸がする、めまいがする、脈が速くなる、頭痛がする、吐き気がする、食欲が減退する、体が冷える、体がだるくなるなどです。

 

ふらついて倒れてしまうこともあります。

 

このようなつらい症状を改善させるための応急処置としては、横になって安静にし、体を温めて血行を促進させる必要があります。

 

そして、貧血を根本的に改善させるためには、ヘモグロビンの数値を基準値に戻すために病院で治療を行う必要もあります。

 

貧血は大きな病気のシグナルであることもあるのできちんと検査をすることも大切です。

 

スポンサーリンク

病院での治療は、点滴や注射で鉄剤を投与するという方法を主に用います。

 

血管に直接作用するので即効性が期待できます。

 

鉄剤がうまくヘモグロビンの増加につながらない場合は、輸血を行うこともあります。

 

症状が軽い場合は内服薬だけで治療することもあります。

 

病院での治療によりヘモグロビンの数値が基準値に戻れば、貧血は改善されて症状も自然と解消します。

 

そして、予防に努めることも必要になるので、食生活を見直すことが大切です。

 

ビタミンやミネラルやタンパク質などの栄養をバランスよく摂取すること、貧血予防に効果がある鉄分や葉酸やビタミンCやビタミンB12を積極的に摂取すること、毎日3食きちんと規則正しく食事を摂取することを心がけましょう。

 

スポンサーリンク