妊娠後期 貧血 食事 おすすめ

妊娠後期における貧血予防におすすめの食事

スポンサーリンク

妊娠をすると、胎児を形成する段階で母体から多くの栄養・血液を必要とします。

 

妊娠後期にもなると、鉄欠乏性の貧血になる妊婦さんがたくさんおられます。

 

これは病気ではなく、胎児を育てるうえである意味仕方のないことです。

 

あまり神経質にならず、普段の生活の見直しをしながら上手く付き合っていきましょう。

 

妊娠後期の貧血は、普段の生活、特に食事で改善を期待できます。

 

毎日の食事に鉄分を多く含んだものをバランスよく取り入れることで、出産まで、貧血のコントロールをするとともに、元気な赤ちゃんの出産、また、産後の母乳育児にも役立ちます。

 

食事だけでは貧血が改善しない場合は、サプリメントの摂取や、医療機関での鉄材処方など、必要に応じて対処していくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

貧血におすすめの食べ物としてよく知られるのが、レバーやほうれん草、しじみ、ひじき、です。

 

レバーは鉄含有量が多く他の栄養も豊富に含まれていますので、上手く調理して摂取できると良いですね。

 

血ぬきし、しょうが汁などをふるとレバー独特の臭みが和らぎ、食べやすくなります。

 

また、ミキサーにかけて色々な香辛料を入れてレバーペーストにするのも一つの手かもしれません。

 

なお、調理の際は、鉄のフライパンや鉄製の鍋を使用すると、鉄分が料理に付着し、鉄の摂取量が増えると言われています。

 

お試しください。

 

おやつの時におすすめなのが、イチゴやプルーンです。

 

これらには鉄分が多く含まれていますので、毎日手軽に摂取することができ、また、出産後も継続してコントロールできますね。

 

普段の食事で上手に鉄分を摂取し、充実したマタニティライフを送ることが理想的です。

 

スポンサーリンク