1歳 赤ちゃん 貧血 症状

1歳前後までの赤ちゃんの貧血症状について

スポンサーリンク

子供というのは、本当にかわいいものですよね!特に赤ちゃんとなるとそのかわいさもたまらないもので、目に入れてもいたくないという言葉もわかるかもしれません!!
しかし、ふと自分の子供が病気などにかかったときというのは、かわいい分よけいに心配の気持ちも大きくなるかと思います。
今回は、「赤ちゃんに起こる貧血に」について説明をしてきたいと思います。赤ちゃんに貧血がおこるのか?ということで意外と思う方もいるかもしれません。
ではさっそくですが、1歳前後までの乳幼児期の赤ちゃんが鉄欠乏貧血になることがあります。
1歳前後の赤ちゃんの場合には、大人のようにめまい、ふらつき、頭痛などの症状を訴えることができないので、少し顔色が悪い、手や爪が少し白いといった見た目で気づいたり、たまたま血液検査で発覚したりということがほとんどです。
原因としては、胎児期に蓄えられた鉄分がなくなってしまった時期に離乳食に偏りがありうまくいっていないことがあります。
また、急な体重の増加で必要な鉄分の量が増えてしまい、母乳や離乳食からだけでは補えなくなってしまっていることも考えられます。
妊娠期に母体が糖尿病や高血圧などになり、生まれる前に蓄えなくてはいけない鉄の量が不足したことが原因となる場合もあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鉄欠乏貧血を放置しておくと、運動能力や精神面などの発育に影響を与えることも考えられます。
進行すると、呼吸困難や心雑音などの重篤な症状につながりケースもあります。

赤ちゃんの鉄欠乏貧血の治療方法としては、まずは鉄分を補充することです。
鉄剤の内服薬として飲みやすい小児用のシロップが使われることが多く、継続して服用しながら様子をみていきます。
また、これと同時に離乳食の見直しや指導を行い、食事から鉄分をとれるように改善していきます。
母乳を与えている場合には、お母さん自身が食事内容の改善をする必要があります。
レバーをはじめ、海藻類、りょこう食野菜、大豆製品、赤身の肉や魚などを積極的に摂取して、赤ちゃんに鉄分がたっぷり含まれた母乳を与えられるようにしていきます。

スポンサーリンク

関連ページ

急なその「吐き気」もしかしたら貧血が原因かも!?
貧血の症状であくびがでる理由
整理中に多い「眠気」これは貧血が原因かもしれません!?
貧血による「微熱」その対処方法とは?
貧血で倒れるのを防ぐ方法、倒れる方法!!
ヘモグロビンの数値の低下による貧血は大腸がんなどが原因となる
貧血が原因の「眠気」効果的な対策って何があるの!?
チェックが大事です!「爪、目」で貧血を見抜きます!!
「頭痛、吐き気、下痢」よくある症状ですが、貧血が原因かも!?
貧血による「吐き気」これって病院に行くべき!?
急な発熱!?「貧血」によるものかもしれません!!
なんか「息苦しい」これって貧血が起こしているののかも!?
貧血の症状が出たときは「目」でチェック!!
なぜか「イライラ」「短気」これは貧血のせいかも!?
貧血による「頭痛」対処法はどうすればいいの?
「手足のしびれ」貧血によって起こることがあるんです!?
画面がまぶしい、目がチカチカ、それは貧血の症状かもしれません!?
「眠気」症状!?鉄欠乏性貧血っていったいなに!?
食後の貧血症状の原因と血圧異常に伴う眠気対策
貧血 悪化すると危険な症状に
貧血で倒れる原因や対策
貧血の症状と薬の種類について
貧血による「吐き気」その対処方法とは!?
貧血による発熱の症状の原因っていったい何?