貧血 数値 8.5

貧血の数値が低いと言われたけどどうすればいいの?

スポンサーリンク

貧血というのは時として命に関わるケースがあります。
特に女性というのは、貧血になりやすい体です。
もちろん男性でも貧血になりやすいという方はいらっしゃいます。
男女問わずですが、自分の体を守るためにも、日頃から貧血にならないための体作りが必要になっていきます。
鉄欠乏性貧血の指標として、9以下や8.5という数値が出ている方というのは、貧血の状態がかなり進行していると認められます。
そのため、日頃の生活の中に、鉄分を含んだ食べ物を多く取り入れる必要があります。

スポンサーリンク

例えばですが、レバーはもちろん、ほうれん草や、卵、ひじき、カキや魚介類そして、ブロッコリーなど、鉄分を多く含んだ食べ物というのは、レバーが有名どころではありますが、意外にも多く存在するので、食事をする際にこの数種類を覚えているだけで、食事を取る際に気を付けることもできるし、自分で食事を作る際にも、同じメニューになることはなく、バリエーションを付けたお料理を作ることができます。
とはいえ、やはり数値の悪い方でも、この数値化から食事療法を取り入れてもなかなか改善という兆しを見出すことはできないかもしれません。
女性の場合ですと、女性特有の生理がありますので、この時期になるとなおさら貧血になりやすい体質になってしまいます。
記事上文の数値まで来ている場合というのは、食事だけではなく、病院で薬をいただいたほうが無難だと思います。
また、サプリメントも日常的に取り入れることで数値の改善が見込めますので、あまりに数値の低い方は、病院での治療を必ずうけるようにしてください。
また病院では、薬以外にも、注射という方法もございますので、お医者さんと相談のうえ、自分にあった改善方法を取り入れてみてください。

スポンサーリンク