貧血 数値 入院

貧血はヘモグロビンの数値が低い場合は入院の場合があります

スポンサーリンク

貧血とは、赤血球やヘモグロビンが正常より少なくなっている状態の事です。
そのため、耳鳴りや目まい、立ちくらみ、動悸、息切れなど様々な症状が現れます。
また、この状態が続けば身体にとても負担がかかり非常に疲れやすくなります。
そして、ヘモグロビンの数値が低すぎる場合は入院しなければいけない場合もあるため注意が必要です。
しかし、バランスのとれた食事をしっかりとれば予防する事ができます。
具体的には、まず1日3食規則正しく食べる事が大切です。
無理なダイエットや朝食を取らない事は健康にもよくありません。
また、インスタント食品の食べ過ぎにも注意する必要があります。
そのため、鉄、タンパク質、ビタミンCなどが含まれている豊富な食材を取り入れる事が大切です。
そして、主食、主菜、副菜を毎食組み合わせしっかり栄養を取る事を心がける必要があります。
例えば、カツオはタンパク質が豊富に含まれています。
また、イチゴやオレンジ、キャベツなどにはビタミンCが多く含まれています。

スポンサーリンク

そして、鉄分をしっかりとる事も大切です。
鉄分が多く含まれている食材は、豚肉レバーや鶏肉レバーなどがあります。
このように、バランスのとれた食事は非常に大事だと言えます。
しかし、鉄欠乏性貧血の場合は緑茶、コーヒー、紅茶を飲むのを控える事をお勧めします。
これは、鉄の吸収を妨げるタンニンという物質が多く含まれているからです。
また、妊娠中や授乳期などには多くの鉄分が必要なため特に意識して摂取する事が大切です。
また、貧血のなった場合には対処法があります。
まず、身体を横に寝かせます。
次に、ベルトやシャツのボタンなどを緩めます。
これは、身体を締め付けている物を緩める事で身体を楽にする事ができます。
そして、身体を温めます。
毛布などがあれば掛けてあげるとより効果的です。
しかし、これは応急処置のため早急に病院を受診する事をお勧めします。
貧血は場合によっては重大な疾患が隠れている場合があります、
そのため、医師による詳しい検査を受ける事をお勧めします。

スポンサーリンク