貧血 数値 赤血球

貧血になりやすい人の赤血球の数値

スポンサーリンク

女性に多く、なってしまうと辛いのが貧血です。
成人女性の5〜10%の人がこの病気に悩まされており、さらに20〜25%もの人がこの病気の予備軍と言われています。
一体どのような人がなりやすいのでしょうか。
貧血の中でも多いのが、鉄欠乏性貧血で、特に毎月生理で血液を失う女性がなりやすく、特に生理の重い人がさらになりやすいと言われています。
また、鉄の需要が増大する乳児期から2歳くらいまで、思春期、妊娠期にもなりやすくなります。
このような時期に、食事を抜いたり、無理なダイエットをすることはとても危険です。
野菜ばかり食べてしまっていたり、菓子パンや麺類ばかり食べたりと、偏った食事をすることはよくありません。
そもそも貧血は、血液の赤血球が減ってしまったときになってしまいます。
これは、赤血球に含まれるヘモグロビンが体中に酸素を運ぶ役割をしていますが、このヘモグロビンが足りないと、酸素が行きわたらなくなるためです。

スポンサーリンク

女性に多い鉄欠乏ですが、男性はどうなのでしょうか。
女性は、生理で血液を失い、赤血球の数値も下がってしまいますが、女性と男性ではもともとの赤血球の数値が違うのです。
血液の1マイクロリットル中に男性で約500万個、女性で約400万個存在し、男女で約100万個の差があります。
男性の方が赤血球が多いのは、男性ホルモンと関係があると言われています。
では、どのようにすれば予防できるのでしょうか。
この貧血を予防するには、鉄が欠乏しないように、鉄分を摂取することが大切です。
日ごろから意識した食生活を送ることが必要になります。
鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄が存在し、ヘム鉄は食材単体でも吸収されやすいですが、
非ヘム鉄はビタミンCやたんぱく質を含む食材と一緒に摂取するとヘム鉄に変化し、吸収しやすくなります。
ヘム鉄は、レバーやもも肉、カツオ、ひじきなどがあります。
これらは単体で食べても吸収されやすいものです。
非ヘム鉄は、ほうれん草、納豆、プルーン、ナッツなどです。
これらは、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取するようにしましょう。
食生活を改善して、健康に暮らしたいものです。

スポンサーリンク