貧血 数値 治療

治療が必要となる貧血の数値はどれくれいでしょうか

スポンサーリンク

貧血とは、血液中の赤血球および赤血球にある血色素ヘモグロビンが正常より少なくなった状態のことをいいます。
血液の一番重要な働きは、酸素を体内に運搬することです。
この働きを担うのが赤血球の中にあるヘモグロビンです。
血液が酸素を運ぶ量はヘモグロビン量と比例すると言われています。
人間の身体は酸素とさまざまな栄養素をエネルギー源として生命を維持しています。
そのため酸素運搬が十分に行われないとあらゆる組織が酸素不足となり、さまざまな症状を起こすこととなります。
例えば脳に酸素が不足するとめまいや立ちくらみひいては失神まで引き起こします。
また、筋肉に酸素が不足すると倦怠感や疲れやすさ、肩こりなどの症状を起こします。
心臓に酸素が不足すると動悸や息切れ、胸痛などを起こしてしまいます。
一般的にはヘモグロビン濃度が正常な数値を下回った場合貧血の状態で、男性で13.0g/dl未満の場合貧血と言われています。
女性では12.0g/dl未満と言われています。

スポンサーリンク

貧血の原因は大きく分け、大量の出血と赤血球産生の低下そして赤血球の大量破壊が挙げられます。
怪我や手術の際に見られるように大量の出血によりこの症状となります。
多くの場合は徐々に繰り返し発生する出血で、消化器や尿路の異常による出血や重度の月経出血などです。
また、体が十分な赤血球を作り出せない場合も原因となります。
血液の産生には多くの栄養素が必要です。
もっとも重要なのが鉄分とビタミンB12および葉酸の3種類ですが、これ以外の栄養素も必要となります。
また、血液の産生以上に赤血球の破壊が進むとこれも原因となります。
対策はその症状の原因となっている基礎的な疾病の治療が基本となります。
出血が原因の場合は消化器系や尿路などで起こっている出血を止めるための処置をします。
また、栄養素の不足が原因である鉄欠乏性貧血の場合は鉄分の摂取などの処置が行われます。
なかには除去が難しい原因の場合、輸血により赤血球を補給することも必要となります。

スポンサーリンク