貧血 予防 飲み物

貧血予防に有効な食品と飲み物について

スポンサーリンク

貧血はもはや現代病と言われる程に患者の多い病気となっており、日本女性の5人に1人は貧血予備軍とされています。
体に必要な血液(鉄分)が不足することで発症し、体中にうまく酸素が回らない状態となってしまい、体全体が酸欠状態を訴えるようになります。
能の酸欠からは立ちくらみや目眩、失神などの場合によっては非常に危険な症状が発生します。
筋肉の酸欠からは肩こりやだるさを感じるようになり、強い疲労感が肉体症状としてあらわれます。
そして心臓の酸欠からは動悸や息切れを起こすようになり、息苦しさや胸痛などの深刻な症状が発生します。
いずれの症状も、ヘモグロビンと呼ばれる成分の不足により発症するもので、この成分は血液の中に含まれており、酸素を運ぶ役割を担っています。
血液の減少とともにこの成分も減少するため、体中に酸欠状態が起こり、様々な症状を発生させてしまうのです。
症状を深刻化させないためにも、常日頃から意識してヘモグロビンの摂取を心がけ、改善と予防に努める必要があります。

スポンサーリンク

貧血を予防するために必要なのは、鉄分の摂取と食生活の改善です。
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄は体内に吸収されやすい鉄分で、非ヘム鉄は吸収されにくい鉄分となっています。
しかし、非ヘム鉄はタンパク質やビタミンCを多く含む食品と一緒に摂取するとヘム鉄に変化するため、食べ合わせの工夫などで充分に鉄分を吸収することができます。
そしてヘム鉄を多く含む食品は牛もも肉や豚もも肉、レバーなどの肉類と、カツオやマグロといった魚類のみで、人によっては毎日摂取するのは困難かもしれません。
比べて非ヘム鉄の豊富な食品は、小松菜やほうれん草などの野菜や、納豆や木綿豆腐といった豆類、くるみやカシューナッツといったフルーツから手軽に摂取することができます。
そのため、これら非ヘム鉄をヘム鉄に変換する働きを助ける、ビタミンCが多く含まれるドリンクなどの飲み物と合わせて摂取すると、非常に効率よく貧血予防をすることができます。

スポンサーリンク