妊婦 貧血注射

貧血を起こしやすい妊婦におこなわれている貧血注射

スポンサーリンク

妊娠すると、母体の血液は、母体だけでなく子宮内の胎児の健康のためにも使われます。
二人分の体に使われるので、妊婦は貧血を起こしてしまいがちです。
血液は、呼吸によって体内に入ってきた酸素と、食事によって入ってきた栄養分とを、全身に運ぶために流れています。
したがって貧血になると、母体はもちろん胎児まで危険な状態になってしまいます。
そのため妊婦検診では、定期的に母体の血液検査がおこなわれています。
ヘモグロビン濃度を調べることで、貧血状態になっていないかどうかを確認するのです。
貧血状態になっている場合はもちろん、これからそうなる可能性が高い場合も、ヘモグロビン濃度によって明らかになります。
そして問題がある場合には、産婦人科の医師は、鉄分摂取のための食事指導をしたり、鉄剤を処方したりします。
ヘモグロビンは鉄分によって作られるので、鉄分をしっかりと摂取するようにすれば、ヘモグロビン濃度は高まり、貧血は防がれるようになるのです。

スポンサーリンク

しかし妊婦は、つわりによって、飲食が困難という場合もあります。
鉄分が多く含まれている食事をとっても、鉄剤を飲んでも、吐いてしまうことも多いのです。
特に鉄剤の場合は、副作用によって吐き気が強くなってしまうこともあります。
そのような場合には、産婦人科では貧血注射がおこなわれます。
鉄分を、口から与えるのではなく、体内に直接注入するのです。
これなら、口の中や胃腸が刺激されないので、吐き気をもよおすことなく鉄分を体に補充することができます。
鉄分は、過剰に摂取するとかえって体に良くない影響を与えることがあるので、貧血注射は必要となる鉄分の量を計算した上でおこなわれます。
つまり、過剰摂取の心配がなく、安心して受けることができるということです。
先述したように、血液は母体にとっても胎児にとっても重要な存在です。
胎児のスムーズな成長のためにも、母体の健康状態を維持するためにも、適度な鉄分の摂取によって血液の状態を良くしておくことは非常に大事なのです。

スポンサーリンク