貧血 薬 お茶 影響

貧血の対処法と貧血の薬がお茶の成分に影響される可能性について

スポンサーリンク

貧血は体内の鉄分が不足することにより、めまいや息切れなどが起こる症状です。

 

これは体中に酸素を運ぶ役割をするヘモグロビンが、鉄分を必要とするために起こります。

 

鉄分が不足するとヘモグロビンも少なくなり、酸素を体中に運ぶことが難しくなってしまいます。

 

そのため貧血を治すには、鉄分を摂取することが必要になってきます。

 

鉄分を多く含む栄養バランスの良い食事を摂ることで、貧血の症状を改善させていくことができます。

 

特に女性は月経があり出血する機会が多いため、貧血の症状に悩むことが多いです。

 

女性は鉄分を多く含む食事を意識して、積極的に摂ることが必要です。

 

鉄分の吸収を良くするタンパク質やビタミンCも一緒に摂ることができるよう、食事のメニューを考えることも大事です。

 

スポンサーリンク

貧血の症状がひどかったり食事だけでは症状の改善が見られない場合は、医師から処方される鉄剤を服用して治療していきます。

 

今はお茶に含まれるタンニンという成分が、鉄分と結合することで体内に吸収させるのを阻止する作用があることが広く知られています。

 

そのためお茶を飲むことは薬で行う治療に影響があると考えている人がいますが、普段飲むお茶の量ではそれほど影響がないことが分かっています。

 

あまり過度に心配する必要はありませんが、お茶が好きで1日に何杯も飲むという人は少し控えることも大事です。

 

薬の服用により副作用が出る人は、注射や点滴などを使用して鉄分を体内に吸収させる治療を行います。

 

定期的に通院する必要がありますが、確実に症状は改善されていくので根気よく治療を続けることが大切です。

 

スポンサーリンク