貧血 食べ物 果物 野菜

普段の食べ物から鉄分を吸収、肉だけでなく果物や野菜で貧血予防

スポンサーリンク

めまいや立ちくらみなどの症状を引き起こす貧血、最も多い症状が鉄欠乏性貧血です。

 

その名称の通り、鉄分が欠乏することが原因で発症します。

 

血液の中で酸素を運ぶ役割をしているのが、赤血球中のヘモグロビンです。

 

このヘモグロビンを構成する成分が鉄分であり、不足することによって正常な赤血球の数が減ってしまいます。

 

その結果、体内に酸素を運ぶ力が低下してしまいます。

 

酸素不足のためさらに血液を送り出そうとするため、肺や心臓に大きな負担がかかります。

 

少しの運動で動悸がしたり、疲れやすくなったりします。

 

特に女性では、整理による出血や妊娠時の鉄分消費で不足することがあります。

 

女性だけではなく、鉄分は不足しがちな栄養をと言われており、食事でしっかり補うことが必要となります。

 

スポンサーリンク

食べ物に含まれる鉄分には2種類あり、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。

 

ヘム鉄は肉や魚に多く含まれる鉄分で、吸収が良いという特徴があります。

 

よく聞く話が、貧血にはレバーを食べると良いという話です。

 

確かにレバーは鉄分が豊富ですがその反面、好き嫌いが分かれる傾向にあります。

 

その場合は、他の食べ物でも効率的に鉄分を吸収することができます。

 

野菜や果物、海藻には非ヘム鉄が多く含まれています。

 

鉄分を多く含む果物として、ドライフルーツは手軽におやつ感覚で食べられるものです。

 

レーズンやプルーン、あんずには鉄分が多く含まれています。

 

また、野菜ではほうれん草や春菊に多く含まれます。

 

しかし非ヘム鉄は体内でそのまま吸収されるわけではなく、体内で還元物質によりヘム鉄に変換されることで吸収されます。

 

動物性たんぱく質の消化酵素やビタミンCが還元物質にあたるため、一緒に食べるようにすると吸収効率を高めることができます。

 

スポンサーリンク