貧血注射 フェジン 副作用 注意

貧血注射のフェジンは代表的な副作用が挙げられており注意が必要

スポンサーリンク

私たちの体の中には血液が流れていて、血液が酸素や栄養を体の隅々に運ぶ事により活動ができると言われています。

 

血液の中にはいくつかの種類がありますが、貧血は血液の中にある酸素を運ぶ役割をもつ物質が不足した状態を指します。

 

貧血は特に女性に多い疾患と言われていますが指標となる数字が定められていて、基準を下回った場合に何らかの治療が必要となる可能性が高くなります。

 

貧血に関する一般的な治療としては口からの薬の投与が勧められますが、それでも改善しない場合は貧血注射をする可能性が高くなります。

 

ある統計によると女性の30代から40代が貧血と診断される割合が多く、この年代は男性と比較すると約20倍といった結果が出ています。

 

スポンサーリンク

貧血注射の代表的な物がフェジンです。

 

ある統計によるとフェジンは全国各地にある施設で使用されている事がわかっており、需要の高い注射とも言われています。

 

しかし注射をする時は何らかの副作用が起きる可能性もあるので注意が必要です。

 

フェジンに一番多いと言われている副作用は吐き気やお腹の不快感といった症状です。

 

これらの症状は特に初めて注射をした時に起こりやすいと言われています。

 

しかし注射の場合は投与を中止すると症状が改善する割合が高いので、症状が続くことは少ないとも指摘されています。

 

薬には何らかの副作用があるので注意が必要ですが、副作用に関する症状を理解しておく事が大切です。

 

近年は貧血注射に関する研究も進められていて、副作用が少ない薬の開発も期待されています。

 

スポンサーリンク