貧血注射 回数 副作用

貧血治療における貧血注射の回数や副作用

スポンサーリンク

女性に多くみられる傾向にある貧血は、赤血球の中にあるタンパク質のひとつであるヘモグロビンが不足している状態の病気です。

 

ヘモグロビンが不足した状態では、酸素を全身へ運搬する能力が低下してしまい、その分いつも以上の血液を送り出そうとするために心臓の負担が増えてしまうのです。

 

この状態が長期間続くと、心臓機能の低下を招いたり、心不全などの更に重大な病気を誘発することにもなりかねないので、注意が必要です。

 

貧血にみられる主な症状としては、動悸や息切れ、めまいなどが挙げられます。

 

鉄欠乏性の貧血であれば、異食症や氷食症と言った症状がみられるケースもあります。

 

慢性的な貧血の場合には、自覚症状が無いという場合も稀にあると言われています。

 

スポンサーリンク

貧血の治療では、不足分を補うため、鉄分を主成分としている錠剤やシロップを服用する方法が主流です。

 

中には、体質の問題(鉄分吸収困難など)や副作用の影響から鉄剤の服用が難しい場合に貧血注射という方法が用いられるケースもあります。

 

服用と注射では、その効果には大差ないと言われているものの、貧血注射の場合は注射する量(必要量)を計算し、投与回数を決めるなど、過剰摂取にならないよう医師による適切なケアを要します。

 

貧血注射における必要量や投与回数には個人差があるため、人によって違いがあります。

 

貧血治療では、鉄剤を錠剤またはシロップで服薬した際に、胃の粘膜が刺激されて胸焼けを起こしたり不快感を覚えるなどの副作用が現れる場合もあります。

 

その反面、貧血注射の場合の副作用はほぼ無いと言われています。

 

稀に、ワンショット投与の際に一時的な頭痛や倦怠感と言った副作用がみられるケースもあると言われています。

 

スポンサーリンク