貧血 ヘモグロビン 数値 治療

ヘモグロビンの数値の低下による貧血の治療

スポンサーリンク

貧血は、血中の赤血球のヘモグロビンの数値が低下している状態です。

 

ヘモグロビンには酸素を運ぶという機能があります。

 

ヘモグロビンの数値が低下するとその機能も低下して酸欠になってしまいます。

 

そのことにより、息苦しくなり動悸を起こしたり脈が速くなったりします。

 

めまいを起こして倒れてしまったり頭痛や吐き気を伴うこともあります。

 

このような貧血の症状が出た場合には、体を横にして安静にすることが大切です。

 

そして、体を温めて血流を促進させることも心がけましょう。

 

貧血には何らかの病気が隠されていることもありますので病院で検査をしてもらって原因を特定するということも大切ですし、つらい症状を改善させるためには適切な治療が必要になります。

 

スポンサーリンク

病院で行う治療は、増血剤を投与してヘモグロビンを増やすという方法です。

 

点滴や注射を用いて投与します。

 

血管にダイレクトに作用するので即効性が期待できます。

 

増血剤がうまく作用しない場合は輸血を用いることもあります。

 

症状が軽度の場合は内服薬のみで対処することもあります。

 

治療後に採血を行い、ヘモグロビンの数値を確認して正常値に戻っていれば治療は終了です。

 

そして、再発を防ぐためにはその後の食生活を改める必要もあります。

 

貧血予防のためには、鉄分や葉酸やビタミンCやビタミンB12の摂取が効果的ですので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

 

豊富に含まれている食品としては、レバーやマグロやカツオやイワシなどがあります。

 

食事に取り入れるのが困難な場合はサプリメントで摂取するのもおすすめです。

 

スポンサーリンク