貧血 症状 熱 薬 副作用

貧血というのは、さまざまな原因によりおこります!

スポンサーリンク

サイトをご覧いただきありがとうございます。
当サイトでは貧血に関しての記事をたくさん書いております。
皆さん貧血いって思い浮かべることいえば、ほとんどの方が、血がすくなくて、倒れるといったことを思い浮かべるかもしれません。
しかし、貧血というのは症状はそれだけではすまないのです。
一般的に血が少なくて、貧血になると言う考え方が広まっているのですが、これは実はちょっと違います。
とうのは、血の中の成分で赤血球というものがあります。
こちらは心臓から送り出される際に沢山の酸素をもって出発します。
そして体中に酸素を配ってまた心臓に戻っていきます。l
貧血の人というのはこの赤血球が少ないのです!!
そのため、体や脳といった部分に酸素が十分に行き渡らずにいるために酸素不足になって行きます。
そして、体が限界になることで、思考が完全に止まってしまい、目の前が暗くなり倒れてしまうのです。
結論を言うと、血液が足りないのではなく、酸素が足りないと言うことですね。

スポンサーリンク

また貧血というのは他の症状ももたらしていきます。
例えば頭痛、こちらも酸素の供給が足りないことで起こります。
他にも体のだるさを感じる、体が重いと感じるといった事もありますがこちらも脳と同様に筋肉に十分に酸素が行き渡らないため、筋肉が思うように動くことができないので、体が重く感じてしまうと言うことになります。
眠気という症状もあります。
朝起きるとなかなか起きれないという症状、低血圧と言うこともあるのですが、やはりこれも酸素がうまく行き渡っていないため、脳が目覚めないと言うことがあります。日常的に眠気が襲ってくるという症状もあります。
この貧血は特に女性の方に多いといえます。
女性の場合ですと、生理やダイエットをすることで栄養バランスが崩れるといったことで貧血を起こすことがあります。
貧血を防ぐためには、鉄分など十分に栄養を摂取する必要があります。
また日常的に栄養バランスのよい食事と取らなければいけないのには訳があるのですが、貧血というのは、慢性的に続くことで体の血液をつくる器官に異常を起こすことがあります。
そのため、ただでさえ酸素の供給が少ないのに、その器官が異常を起こすことで、さらに酸素を運ぶための赤血球を少なくしてしまうことがあります。
投薬治療を行うこともできるのですが、やはり日常の生活から見直して、貧血を改善していかなければいけないです。
症状が改善してくれば、日常の生活も大きく変化を持たらしていきます。
しっかりと治療をして貧血のない生活を送っていきましょう。

スポンサーリンク